看護師の需要

人材不足の理由

看護師は慢性的に不足していますが、これはいったいどういうことなのでしょうか。
まず、高齢者が増えることによって必然的に患者数が増えます。それに伴い医療機関も増えていき、結果として看護師への需要が増えています。また、通院できない高齢の患者さんのために訪問看護を行ったり、技術上の進歩により日帰りの手術等への需要が増えるなど、看護体制の多様化に対応するためにより多くの看護師が求められています。
そして、離職者が多いのも看護師が不足している理由の一つと言えます。看護師の仕事はとてもやりがいのある仕事ですが、現在では看護師の不足によって一人にかかる仕事量が多くなり、夜勤等の不規則な生活も相まって離職者が増えています。人手不足→一人の負担増→退職者増という悪循環で、看護師の不足は加速の一途を辿っています。
さらに、産休等からの復帰が難しく、復職しにくいのも原因の一つです。看護師という職業柄、圧倒的に女性看護師が多く、産休、育休で長期休暇をとってしまうと、進歩の目覚しい医療の世界では仕事内容も日に日に変わっていきます。復職するのが難しいのも頷けます。看護師の需要は高まる一方ですが、ハードワークに加え、復職しにくいともなれば、現在の看護師不足が理解できます。

看護師の収入

看護師の収入ですが、私が知る限りでは同年代の一般生活水準よりも高いと思います。看護師を目指す人が増えるのも頷ける収入だと思います。しかし、やはり場所によって収入の差が激しいというのもまた事実です。現在の仕事量に見合った収入を得られているかどうかはわかりません。もし、現在の仕事量に見合わず復職支援等も得られない場合は、割りに合う収入や復職支援を得られる医療機関に転職するのも一つの手かもしれません。

看護師から看護師への転職

看護師から看護師への転職は、専門分野が変わらなければ、それほど難しいことではないと思います。看護師が不足している現在ですから、転職できないことはまずないでしょう。医療機関に入る前から仕事量は計れませんが、やりがいのある仕事内容で、復職支援等がしっかりしている医療機関も中にはあると思います。また、転職することによって環境もかわり、新たなスキルを身に付けてステップアップも狙えるでしょう。