サイトについて

看護師は常に人材不足の職業です。それには様々な要因がありますが、離職者が多いことも大きな原因です。せっかく就いた看護師の職業ですから、できれば離職ではなく転職の道を選んで欲しいというのがこのサイトを立ち上げた理由です。転職によって年収は減っても体力的に楽になるケースもありますし、今と同じ仕事の内容で年収を増やす道もあります。

国立病院で退職金増

国立病院で退職金増

今よりもっと月給や退職金が貰える病院へ転職したいと考える看護師の方は多いのではないでしょうか。病院の中でも国立病院は、民間病院で働くよりも収入や退職金が多く、その差も大きいというデータがあります。さらに国立病院に勤めている看護師は地方公務員とみなされる場合もあります。それだけ待遇がいいのです。ただし「東京病院」のような大規模な国立病院への転職は競争率が高く離職する人も少ないため、狭き門のようです。東京病院の求人情報は以下からチェックできますので興味のある方は見てみましょう。

国立病院のメリット

国立病院に勤めると沢山のメリットがあります。まず、国立病院に勤めると公務員とみなされて収入がアップして長く勤めればそれだけ収入も上がっていきます。また、地方公務員ということもあり、女性ならではの育児休暇などの福利厚生もしっかりしています。また、退職金優遇制度など民間では珍しい制度も充実しています。なんといっても、安定しているのでとても魅力的です。

収入・退職金の違い

民間の病院に勤めた場合と国立病院の場合では、年収100万円ほどの差がつくというデータがあります。国立病院に勤めることにより国家公務員並みの扱いになる為、その平均年収は544万円ほどになるそうです。また、退職金に関しても金額に大きく差がでます。民間の病院に勤めた場合と比較すると、国立病院に勤めた方が多くのの報酬が得られます。年間に100万円ほどの差があり、さらに退職金にも差が出てくるとなると、その生涯収入の差は数千万円にもなる可能性があります。また、早期退職になった場合でも4割増で受けることができる退職金優遇制度があるのも大きな違いです。

公務員試験を受ける必要があるのか

国立病院に勤めるとなると公務員の扱いになるとお話しましたが、そうなると公務員試験を取得しなくてはならないと思う方も多いと思います。一般の公務員への転職を希望している方は公務員試験が必要ですが、看護師の場合は公務員試験を受ける必要がないので一般の転職と変わらないのです。

国立病院に勤めるデメリット

国立病院への転職は、メリットが沢山ある反面デメリットもあります。そもそも、なかなか空きが出ないため、タイミングよく求人を見つけるのが困難なことが多いです。また、国立病院は体質が古いところが多いというデータがあります。そのため准看護師と正看護師の立場の差が大きかったり、風通しが悪く上席者の言うことは絶対というところも少なくないようです。しっかりメリット・デメリットを把握した上で、転職に望みたいものです。

転職を考える看護師に人気の記事

このページの上部へ