ブラック病院の特徴

転職前の施設チェック

転職したい医療機関を見つけたら、まずは求人やホームページ等でその医療機関の情報を収集してみましょう。まずは求人から得られる情報ですが、まれにある『いつも求人を出している』『求人数が異様に多い』等の特徴です。看護師になりたいという人は多いため、面接に来ないなんてことはまずあり得ません。これは離職率が高い病院ということではないでしょうか。いつも求人を出しているということは人間関係に問題があったり少なからず欠点があるかもしれません。また、職員数に対して求人数が異様に多い所も似たようなものです。ハードワークにより辞める人が多いことを見越しているのではないでしょうか。もしかしたら人間関係の悪さに加えて、収入と労働のバランスが取れていない可能性も大きいです。さらに、『経験者に限る』等の文言がある場合には要注意です。スキルがすでにあり即戦力になる人を求めているため、これは新人教育をする意識が薄く研修等のサポートが薄い可能性があります。育休明けのサポートも無い可能性が大きいです。

面接や見学の際の施設チェック

割と昔からある病院で若手の職員が多かったりベテラン職員がとても少なかったりする場合は、もしかすると離職率がとても高い可能性があります。見学の際に周りを見回して職員の年齢層を確認するもの良いでしょう。また、院内で罵声などが飛び交っている場合も要注意です。罵声が飛び交う病院で働きたい方はいないとは思いますが、ここから考えられることは看護師同士の人間関係が良くなく、管理職も看護師をまとめられていないということです。患者さんの前ではなく、ナースセンターやちょっと裏の方も見ることをお勧めします。また、その時に施設内の清潔感も見た方がよいでしょう。病棟やナースセンター等、見学の際にはよく観察して患者さんやスタッフを大切にする姿勢がみられるかどうかも、病院としてあるいは看護師としての意識の高さを観察することができるかもしれません。